2012年01月27日

☆ HDDが原因で確定

SamsungのHDDを外してからWindows7のフリーズがなくなった。
やはり安かろう悪かろうだな、SamsungのHDDはクソすぎ。
Microsoftのキーボードでフリーズから、水冷ユニット故障、SamsungのHDDでフリーズと不運続きは痛かったな。
しかも原因がわかりにくかったり検証に時間がかかるものばかりだったのが厳しかったね。
Windows7環境は手持ちのハードとの相性が悪くて安定するまでに時間がかかりすぎた。
修理時にオマケでつけてくれたHDDで延々と1年以上不安定を味あわされるとは目眩がする。
posted by 伊織舞也 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2011年11月26日

☆ ダメだったんだ……

しばらくフリーズしていないから解決したのかと思っていたのに、またWindows7が操作不能になる激重状態に。
今回はリセット直後にBIOSのチェックをしてみようとBIOS画面を呼び出してみた。
おやおや〜、SATAのポート2に繋がっているHDDの認識名が文字化けしていておかしいぞ〜。
ってことは原因はHDDをハード的にロストしてOSが死ぬというケースっぽいかな〜?

そういえば、データ置き場になっているだけでほとんど使っていないHDDだったから忘れていたが、こいつは安かろう悪かろうを地で行くSAMSUNGのHD103SIだったんだっけ。
うむ、逝ったのか。水冷ユニットが保証期間内に壊れた時に、そんな簡単に壊れるんじゃ品質を信頼できないから修理時に可能ならば空冷にしてほしいといった時に、差額調整で1TBのHDDを追加して差額の補填をしてくれたんだったなぁ。
今の今までデータは200GBも入っていない、月に1度ぐらいしか使わないようなほぼ休眠ドライブだったという……。
つないでおくだけで罪なHDDよのぉ。容量半分、いや1/3でもいいからWestern DigitalのHDDにしてほしかったじぇ。

滅多に発生しない現象だからHDDが原因とはまだ確定していないんだけど、状況的にHDDまわりが怪しいときは最優先でバックアップを取れですからねぇ。
予備の外付け1TBのHDDにデータを逃がして取り外してみました。
これで解決するのかなぁ〜?
発生頻度が低いトラブルは原因の特定が非常に困難すぎるぅ〜。

取り外したんで、あとは5カ月ぐらい何ごともなければHDDのせいだったんだろうと原因がわかって安心できるんですがねぇ。
これでもまだフリーズが発生したら、次はマザーボード側を疑うことに……。
しかしWindows7は、キーボードが原因でフリーズい1年近く悩まされただけでなく、追加ダメージが来ているというのがなんともいえぬ自分の運の悪さよ(苦笑)。
posted by 伊織舞也 at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2011年11月12日

☆ フリーズ直ったかも?

結局のところ、Windows7が異常に重くなって制御不能になってリセットする必要がある現象は、省電力をなしにしても発生した。
そうなると、もはや片っ端からやれることをやってみるしかないわけで、お手上げ状態って感じですね。

そこで疑ったのがセキュリティソフト。
Microsoft Security Essentialsだからといって安心はできん。
ファイルが破損してトラブっている可能性を考慮して、いったんアンインストール。
もう一度入れ直してみた。
さらに、ReadyBoostが悪さをしているんじゃないかと疑い、ReadyBoostを解除しておいた。

その後は今のところWindows7が制御不能にはならなくなっている感じだ。
現段階では制御不能の原因となっていそうなのは、ReadyBoostって感じかな……。
そんな感じでReadyBoost使うぐらいならばSSDにしたほうがいいな、これは間違いなく(笑)。
タグ:Windows7
posted by 伊織舞也 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2011年11月04日

☆ 1日に2回もリセット……

Windows7がまた最近不安定になってきていて困る。
長時間起動しっぱなしにしていると、希にマウスカーソルがコマ送り状態になってCPU負荷も高いのか制御不可能になってお手上げになるというのが発生するんですよねぇ。
こういう状態になった時に、リセットボタンのある本体は便利だなぁ〜。
いやー、そんなの使わないで済むのが一番なんだけどね。

まあ、この制御できなくなる現象ってこれまでに8回ぐらい発生しているんだけど、1回目の時はたまたまかと思って何もせずにいたわけであります。
さすがに2回目が起こってからは、使い終わったアプリは最小化ではなく、終了するようにして原因を探していったところ、7回目ぐらいの発生時にGoogle ChromeとFirefoxしか起動していない状態で起こったという。
# そこまでに4カ月が経過しているので本当に発生頻度は希。

イベントビュアーを見ても発生時間付近にエラーはないし、ネットワークアダプタのドライバに問題があるのではないかとまず疑ってみた。
メーカーのサイトに行ったら少し新しいドライバがあったからそれをインストールして様子見をしたのが昼頃。
いきなり18時頃に8回目が発生したであります(笑)。
1日で2回も発生しただとぉ〜、そんなバカな……。

そっか、原因はネットワークドライバじゃないのね。
となるとこの現象が起こり始めた時期を考慮して、接続しているUSB機器を最初に発生する以前の状態まで減らしてみた。
USB接続のサブディスプレイを取り外したのがやや不便だけど、これでしばらくは様子見かな……。
OS標準で対応していないUSB機器はサブディスプレイだけだから、USB機器を減らして安定したならば一番疑わしいかもしれない。

うーん、USB機器の問題じゃなかった場合は、あと考えられるのは省電力設定がうまく効かないことのある機器があってリトライ連発で高負荷状態になっているというのも考慮すべきだろうなぁ〜。
そうなると一気に調べる範囲が広がって面倒そうじゃ。
タグ:Windows7
posted by 伊織舞也 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2011年07月29日

☆ USBメモリを久々に購入じゃ


書き換えが発生しないデータなんかはHDDよりもUSBフラッシュメモリのほうが省電力だとか速度面で有利。
そんなわけでmp3のデータなんかは、USBメモリにほぼ全部入っているわけです。
しかしながら、久々にmp3データが増えてきたらこれまでのUSBメモリには入りきらないという。
本当は書き換えのほどんと発生しないデータは全部フラッシュメモリに入れたいところなんだけど、まだ高いからなぁ。
長期的な計画で使用頻度の高い読み込み専用データから行かざるを得ない。
posted by 伊織舞也 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年12月20日

☆ 青窓再発

Windows7が落ちまくっていたわけですが、5回目のクリーンインストール後に安定したはずでした。
いや、実際に安定していたんだけどね。ドライバを全部は入れていなかったのですよ。

さて、ここで疑わしいと判断していたドライバを入れて検証してみるかとインストールしたのが昨日。
さっそくの青窓再発です(笑)。やっぱりきたぁ〜〜〜〜。

ここに書いたんだったかtwitterでつぶやいたんだったか忘れたけど、USBの切り替えをするとよく落ちる気がするってのが気のせいじゃなかったのでありました。
Windows7を落としまくってくれた原因はMicrosoftの販売しているキーボード「Microsoft Reclusa Game Keyboard」だったとゆ〜。
キーボードが原因なんて普通は思わないから長期間ハマったわけですねぇ。
しかも販売元はMicrosoftですぜ(笑)。
罠だったなー。

ちなみに最新のドライバの変更点には「Fix issue on Windows 7: Machines freeze up when Reclusa keyboard is unplugged」と書かれています。
ドライバをインストールした状態でキーボードが繋がっていないとフリーズが発生していたってこと。
うちはUSBの切り替え器で2台のPCのキーボード&マウスを切り替えていたから条件にヒットしたわけです。
まあ、PC歴が長い人ならば一度の修正では完全には直ってないという経験をした人も多いんじゃないですかね?
修正でOSごと落ちなくなる環境もあるんだろうけど、うちは未だに落とされてしまうのでありました。

タイプしやすいキーボードだったんだけど、OSが落ちることを考慮するとこのキーボードのみの特殊なキーを使うのを諦めてドライバをアンインストールかな……。
もしくはWindows7環境に全てを集約してしまい、切り替えないようにしてしまうかですね。
まだ安定性に自信を持てないPCに録画環境を移すのは危険だから、キーボードの便利な一部キーが使えない不便を我慢する方向でいくしかないや。
普通のキーボードを使っていると思うことにして妥協。
posted by 伊織舞也 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年11月14日

☆ 水冷から空冷に^^;

水冷ユニットが壊れたときにCPUクーラーを買ってきて直してしまおうとか思っていたわけですが。
ギリギリで保証期間内だったから、無駄に出費しないように修理に出していたとゆ〜。
CPUクーラーを買ってきて交換してしまえば1時間もかからずに修理完了だったんだろうけど。
出費の節約で修理に出したら15日かかりました……(苦笑)。

まあ、今回故障した水冷ユニットの信頼性に大いに疑問を感じた自分は修理時に空冷への変更を頼んでしまいました。
だって1年も持たずに壊れるんだもん。
ググってみると該当水冷ユニットは1年未満で壊れている人が結構いる感じだったので、水冷ユニット不信になったというのもありますね〜。
(Windows7が安定せずに1年近くが経過したってのもありましたが……)

なんというか、NECの水冷PCのように静音性をつきつめているわけでもなかったから、水冷ユニットの動作音は結構うるさかったしね。
まあ、冷却性能だけを考慮した普通の水冷ユニットだったから、動作音はそんなものだと思っていたのでそこには不満はなかったッス。
しかしながら仕事で使うPCでもあるから、信頼性という面で修理時に水冷から静音CPUクーラーへの変更ができないかを打診していたのであります。

水冷PCのほうが販売価格が高いとはいえ、水冷ユニットが故障したからといって修理時に(水冷よりもはるかに安定動作の実績ある)空冷に変更したいという仕様変更を無償で受けてくれるとは思わなかったので意外でした。
修理後に戻ってきたPCは、水冷時の結構耳につく動作音から、ほとんど無音に変わって満足度もUP。
まあ、夏場の冷却性能は水冷のほうが高いとは思うんですけどね。

でもでも、安定動作のチェックはハード構成が変わってしまったので最初からやり直しになるわけで。
しばらくはまたテスト期間になってしまうんですよねぇ〜。
こういう安定動作確認の手間を考えると、自作やショップブランドより、最近はかなり安価になっているメーカーPCのほうが楽だな……とか考えてしまうのはきっと自分だけじゃないと思う……。
まあ、自作やショップブランドならばトラブルも楽しみのうちって考えられる心の余裕は持ちたいかな。
posted by 伊織舞也 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年10月27日

☆ 故障ですか……

なんか今年はトコトンついてないなぁ〜。
BIOSを1.9にしたからなのか、5回目のクリーンインストールでやっとWindows7が安定したと思ったら、
今度は水冷ユニットのポンプが故障と来たもんだ。
この1年で安定して動いていたのは2週間もなかったのに壊れるとか、もう……ちょっと勘弁してほしいねぇ……。
orz

おかげで、しばらくはCore i7 860でのmp4変換ができないや。
処理速度が半分以下に落ちるけど、HDD容量を圧迫されるのも困るし、
Core2Duo E8500のほうで変換をするとしますかね。

とりあえず、水冷ユニットを断念して、普通に静音CPUクーラーに取り替えようかな?
posted by 伊織舞也 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年08月17日

☆ そろそろ安定してほしい

Windows7 professional 64bit版が青窓(BSOD)を7月だけで6回、8月になって4回も発生していて使い物にならない。
マザーボードがP55-SD50なので調べてみると古いBIOSだとその症状が出るというので、7月に最新の1.8にしたけど症状変化なし。
パフォーマンス優先じゃなく、安定性優先に設定してもさっぱりだ。
CPUは水冷で真夏の今でも40℃を超えることはないから熱暴走でもなしでやっかいな状態。
あまりにも青窓がよく出るから、もうタスクバーにBlueScreenViewを登録してしまっている。
でも、3月ぐらいまでは月に2回も発生していなかったんだけど、なんで悪化したのやら。

何かシステムに影響を与えるようなものを入れたかというと、そんなものは入れていない。
Windows7は発売されてすぐに導入したんだけど、それからずっと安定していないから、まだ入っているのはGoogle ChromeとFirefoxとAVIUTLだけなんだよね(苦笑)。

Windows XP環境も最近変になってきてるから、さすがにいい加減に環境を移行したいので、8月に入ってからは毎日Windows7のほうを使っているんだけど、何もしていなくても青窓が出たり、mp4変換中に出たり、Firefoxを起動したら出たりとバラバラで、発生条件がさっぱりわからない。
各ハードのドライバを順次別のバージョンに差し替えてみて、5日ほど様子を見て青窓が出るようならば次のを試すという繰り返しはもう嫌になってくる。
どうせ青窓が出るならば、いっそのこと毎日発生するぐらいの頻度であってほしいと思ってしまう。
それならば原因の特定までが早いんだろうからねぇ。


続きを読む
posted by 伊織舞也 at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | PC

2010年07月09日

☆ ドライバ入れ直し

突然だけど、うちのXP環境でMicrosoftのReclusa keyboardの特殊キーが機能しなくなった。
USB接続のキーボードだから、どうもUSBまわりがおかしい感じがするうちのPC側が悪いのだろうと最初からもう諦めムード。
まあ、いったんドライバをアンインストールして、最新のドライバを入れてみることにした。
それだけで直ればラッキーということで。

Microsoftのサイト(http://www.microsoft.com/japan/hardware/downloads.mspx)へ行って、Reclusa Game Keyboardのリンクからダウンロードページへ。
サクッとアップデートしてみたところ直った。
よかった〜。

それにしても、なんかここ最近はXP環境でよくトラブルなぁ〜。
見えざる力でWindows7環境にさっさと移行しろと圧力を掛けられているような気がする(笑)。
posted by 伊織舞也 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年06月22日

☆ インストーラーのエラー

何をアンインストールしてからかわからないけど、
「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした」
と表示されて、Windowsインストーラーを使ったアプリケーションのインストールとアンインストールができなくなっていた。

Google日本語入力をアンインストールしようとしていただけなので急いでいなかったけれど、今日はアプリケーションのインストールでこれが発生してしまった。
さすがに直さないとマズイってことで修復作業。

Windows起動時にF8キーを押してSafeモードでWindowsを起動して、ファイル名を指定して実行から
「msiexec /unregister」
「msiexec /regserver」
の順に実行して再起動。
無事修復完了です。

なんでたったそれだけなのにすぐに直さなかったのかって?
それはEPSONのMR3300ってPCはダメダメすぎて、MicrosoftのUSBキーボードを繋いでいるとBIOS初期化に10分以上かかるのさ。
普段から再起動もしたくないクソPCなのじゃよ。
株式会社アイ・オー・データ機器のUSBハードディスクHDC-U250を繋いでいてもたまに5分ぐらいかかったり、ブートしない現象もあったな……。
ってことでEPSONのPCを買うことなんて二度とないだろう(笑)。
posted by 伊織舞也 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年04月23日

☆ ひでぇ〜

先日は「ウイルスセキュリティー」がPCを起動できなくするということを引き起こしていたわけですが。
McAfeeもPCが繰り返し再起動するようになる環境破壊をしたんですよね〜。
ウイルス同様にPC環境を破壊するようなセキュリティーソフトにお金を払うのはバカバカしいと思う人も増えそうだ。
まあ、自分はもうずいぶん前に無料のMicrosoft Security Essentialsにしてしまっているけれど。

それにしても驚きなのはMcAfeeの信じられない発言か。
マカフィーのアップデートに重大なバグ--「Windows XP」コンピュータが被害に
米国時間4月21日、McAfeeの人気アンチウイルスソフトウェアが大規模な機能障害を起こし、何万台もの「Windows XP」コンピュータがクラッシュしたり、繰り返し再起動するようになった。

とまあ、大規模に影響を与えているわけですね。
しかも問題を起こしたのは法人顧客向けの製品。
唖然とさせられるのは以下の部分。
主にMicrosoftの「Service Pack 3」を適用したWindows XPコンピュータに影響を及ぼしているように思えるこの問題について、McAfeeは顧客に謝罪したが、影響はそれほど深刻ではないと主張した。「われわれは、消費者へ大きな影響が及んだ事例を確認していない」とMcAfeeは太平洋時間午後2時にCNETへ送信された声明の中で述べた。

ほほぉ〜、PCが繰り返し再起動するような問題を起こしておきながら、影響は深刻ではないというのですか。
ステキすぎますね〜。
この現象が起こった時点で業務に大きく影響が出ているだろうに。
今後自分はMcAfeeの製品は絶対に避けるようにしよう。
posted by 伊織舞也 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年04月08日

☆ 省スペースPCはもうやめだ

ファイルサーバーとして常時電源が入っているAtom搭載のネットトップ「LM-M100S」。
昨日はファイルの破損を起こしたのでチェックしてみたら、ごらんの有様だよ。

いやはや、本体のケースが変色しているではないか。
mouse computerは常時使用するというのを想定してなかったのかな……。
やっぱりコンパクトなPCは放熱が不十分なんでしょうね。
このまま使い続けるのは怖いし、どうしたものやら?
もう省スペースのコンパクトなPCは避けるようにしよう。
posted by 伊織舞也 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年03月11日

☆ 嫌な画面

寝ていた時間が短かったからもう一度寝ようとしたんだけれど、結局目が冴えてきて諦めて起きた日の出来事。
PCの電源を入れたところ、EPSONのMR3300は今日も一発では起動せず。
またかよ……って呆れてしまうUSBコントローラーの初期化エラーだ。
電源を落としたり再起動したりするのは可能な限り避けないといけないクソPCって笑えるね。

まあ、それは2〜3回も起動し直せば通るからいいんだけど。
その後Windows起動中にステキな画面が表示されました。

windows Disk Protection is committing changes, please wait...

これは何かというと、Windows SteadyStateのディスク保護をオンにしていて、変更されたデータをディスクに結合しているわけですね。
Windows Updateがあったから、この処理が行なわれているという。
これが発生するとWindowsの起動に20分かかるんだよなぁ〜。
勘弁してほしい(笑)。

でもさ、うちの環境は今って、ディスク保護はオンにしているけど、すべての変更を保持する設定にしてあるから、実際には保護機能を使っていないんだ。
だから、この処理を行なう必要ないはずなんだよね。
すでに適用されているんだから、二度手間で無駄なことだったりする……。
なんかタコなシステム設計だなぁ〜。
ディスク保護を使う気になったときにまた保護用の準備処理を行なうのを覚悟で、いったん保護をオフにしちゃおうかな?
posted by 伊織舞也 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年03月06日

☆ 何かと思った

久々にタスクマネージャを見てみたら、Bubble.exeなんて見知らぬプロセスがあった。
なんだろうと思って検索してみたら、C:\Program Files\Windows SteadyState にあるファイルでした。
おぉ、Windows SteadyStateで使っているファイルだったのね。
スパイウェアとかじゃなくてよかったよ。

普段はアプリケーションをインストールしたら、インストールしたフォルダをチェックしているんだけど。
Microsoftのに限っては基本的にチェックしてないから、今回のように「なにこれ?」ってなってしまった。
今後はMicrosoftのをインストールしたときもチェックするようにしよう。
posted by 伊織舞也 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年02月22日

☆ 予想外のところに原因が……

勝手にWindows7の省電力設定を変えて、20分でディスプレイの電源を落としてくれる原因がわかった……。
MMORPGのトリスタだ!(笑)
こいつが起動していると、設定を問い合わせもなしに20分に変更して消してくれるじゃないか。
終了すると設定は元に戻るようだけど。

ゲームを放置して動画ファイルを再生していると突然ディスプレイの電源を落とされるから困るんだよね。
露店放置して動画を見る人って少なくないと思うんだけど、実際はそうでもないってことなのだろうか。
うーん、この余計なお世話を回避する方法はないのかなぁ?
posted by 伊織舞也 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年01月31日

☆ 重くなってた

実家のPCを見てみたらエラーが出て、無駄にCPUを使用されて重くなっていた。
原因はGoogleデスクトップにGoogle提供以外のよくわからんガジェットを追加していたから。
おそらく古いGoogleデスクトップでしか動かないものを追加したのだろう。
問題を起こしていたものを削除しようにも、Googleデスクトップのサイドバーがフリーズしているようで反応しなかった。
なので、通知領域のアイコンから一度表示をデスクバーにして、サイドバーに表示を戻したら反応するようになったので無事削除。
不要なものを入れて重くなったりトラブルを起こしたりするんだから、本当に必要なもの以外を入れるのはやめるように何度もいってるのに直らないなぁ〜。
特に月齢のガジェットなんて何で入れたんだろう?
そんなものを常時表示させている意味はないと思うんだけど。
posted by 伊織舞也 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年01月23日

☆ 気になる

ちょっとほしいかもしれない製品。
電源がちょっと不足気味でタップが必要なんだけど、この製品は4個の電源+USBポートがあるからPCなしでUSB機器に充電できる。
ひとつあると便利な予感。
posted by 伊織舞也 at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年01月06日

☆ Turbo Boost

Core i7 860を2.8GHzから3.0GHzにオーバークロックしてみた。
安定動作を求めているので常用するつもりはなく、実験してみただけね。

720x480ソースのMPEG2をAVIUTLからMP4に変換させて処理速度が向上しているかテスト。
しかし結果は定格動作時とほとんど変わらず。
ふむぅ、3.0GHz程度へのオーバークロックではTurbo Boostが機能している状態と差が出ないかぁ。
MP4出力時にCPUを100%使いきってくれていないから、定格動作時にTurbo Boostが働いて4コアとも1段階(133MHz)向上して2.93GHz動作になっているってことなのだろう。
つまりオーバークロックして使うならばもう1段階上になるところまでやらないと意味がないってことですね。

水冷だけどそこまで上げて使うのは安定動作するかちょっと不安だからやめておこう。
MP4出力で誤動作されても困るもん。
posted by 伊織舞也 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2010年01月02日

☆ 互換性?

ちょっとLANで困った感じになっている。
5〜6年前の古いNASはWindows7からのアクセスを拒絶してくれる……。
ユーザー名とパスワードは自分のミスかの検証のためにXPから試してみたけど間違っていないんだよね。
ほかのNASは大丈夫だからNAS側の問題としか思えない。
稼働しているNASの容量を全部足しても1TBに満たないから、USB接続の1TBのHDDでも購入して、節電も兼ねてAtom環境のファイルサーバーに全部集約しようかなぁ?
posted by 伊織舞也 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | PC